つらつらと好きなBLコミックについて語るブログです。
内容によってはネタバレを含みますのでご注意ください。

作者が本郷地下さんと知り、迷わず購入しました。




「世田谷シンクロニシティ」著者:本郷地下


それは同じ作者のこちらの話が大好きだから。
「ふくふくハイツ」です。




「ふくふくハイツ」著者:本郷地下

人間に化けることができるイタチ科テンのマルと、人間の男の子スナオのお話。
ふたりの何気ないけど楽しい同居生活に、出会いと逃避行?
とにかく読んでいてほっこりする日常生活が優しく描かれています。

BL未満だけど、ふたりがお互いのことを大切に想っていることが伝わってくる大好きな作品のひとつ。


さて、世田谷シンクロニシティの話に戻りますが、
表紙の高史(たかふみ)は好きになるのは女の子なのに、男にしか欲情できないことに悩んでいる大学生で、バイト先のカフェによく来る男性が気になっている。

恋人の舞(女性)の転勤のため同居から学校の寮へ移るが、同室になったのがカフェでいつも見かけていた男性、深町だった。

シリアス度 ★★☆☆
H度 ★★☆☆

シンクロニシティとは意味のある偶然の一致のこと。
高史は寮で深町と同室になって以来、あらゆるバイト先や学校の授業で深町と一緒になりお互いのことを知っていく。

表紙の泣き顔は高史の悩みやどうにもできないつらさ。ラストシーンにつながっていきます。

体質のことを知りながらゆっくり進もうと恋人になってくれた舞を好きで大切にしたい気持ちと、深町と越えてしまった身体の関係。

舞を裏切っているという罪悪感、今まで好きになった女の子たちに応えられなかった悲しみ、自分が何者なのかわからず周りを傷つけていることに悩んでいる高史はせつない。

高史と同じ呼び方の幼馴染の貴史(たかふみ)を好きで、でも言えなくて友達として会いつづけてる深町もせつない。

悩んで迷って傷ついて傷つけて、わからないながらも区切りをつけて新しい一歩を踏み出したふたり。

ふたり一緒の未来が明るいものでありますように。

描き下ろしの数年後は、アナグラムのお話。
ふたりの名前もシンクロニシティしてたんですね。
もう完全にお互い運命を感じたことでしょう。