mio7k

BLマンガ読書日記ときどき脱線

日々の癒しにたしなんでいるBLコミックの感想や紹介をしていきます。たまにハーレクインとか、脱線する時も。

BL「ま」行

18 5月

「SWEETと呼ぶにはまだ早い」麻酔

つらつらと好きなBLコミックについて語るブログです。
内容によってはネタバレを含みますのでご注意ください。

初読み作家さん。
表紙が雑誌の表紙みたいで目を引きました。



「SWEETと呼ぶにはまだ早い」著者:麻酔

見ての通り、パティシエ同士のお話です。
ケーキの絵がいっぱい出てきます。
とてもおいしそう。カラーページのケーキも絶対おいしい。

個人的に食べ物と花の絵が繊細できれいな作家さんが好きです。

突然、同棲中の彼女から好きな人が出来たから出て行ってほしいと追い出された香川。
泊まり先に悩んでいるところに職場の後輩の芳賀が通りかかり、行きがかり上泊まらせてもらうことに。

始まりは唐突な同居からですが、その後はプライベートや仕事を通してふたりの距離が近づいて・・・なかなか近づいて行かないんですよね、これが。

香川は優秀なパティシエで仕事はできるが、私生活はわりとポンコツぎみ。
ケーキ馬鹿で人の名前や顔を覚えるのも苦手。

芳賀は過去に香川に会ったことがあるらしく、それとなくそのことを匂わすけど香川は全然気づかない。

パティシエが煙草を吸うなと言う香川にタバコ辞める代わりにキスさせてくださいと迫ったり、初めて会った時のように眼鏡を掛けて見たりと努力するも通じず。

はっきりとどこで会ったと伝えても、会った覚えないし人違いと一蹴。

途中までほんとに芳賀が不憫でした。

結局最後までしっかりと思い出さなかったのかな。
でも芳賀のがんばり勝ちってことで。
思い出してもらえなくても、今の自分を好きになってもらえたならそれでいいよね。

描き下ろしでふたりの出会いが描かれていますが、香川さん適当だなーということと芳賀は香川に近づけるまで頑張ったんだなということがよくわかりました。

いつか独立してふたりでケーキ屋をやるといいですね。



31 3月

「ばらのアーチをくぐってきてね【山田と少年 番外編】三田織

つらつらと好きなBLコミックについて語るブログです。
内容によってはネタバレを含みますのでご注意ください。

「山田と少年」のコミックスに入りきらなかったというエピソードを集めた番外編が電子で配信されました。



「ばらのアーチをくぐってきてね【山田と少年 番外編】著者:三田織

ふたりが仲良く花と戯れている表紙がかわい過ぎです。

内容は本篇直後から1年くらいの間の話です。

お付き合いを始めたふたりのいちゃいちゃと、少しずつ進んでいく様子が描かれたショートストーリーがまとめられています。

すでに完結したお話のその後や幕間の話が読めるのは、とても嬉しいですよね。

一度は閉まったふたりの日常を垣間見る扉が、突然ちょっとだけ開いて「今もふたりで幸せに暮らしてるよ」と近況を報告してもらえるようなもの。

本編では片思いで諦めなくちゃと思い続けていた千尋の気持ちが切なかったけど、付き合い始めてからは山田さんの方が積極的で照れる千尋がかわいい。

読んでて幸せのおすそ分けをもらったような気持ちになれる作品です。

こちらは電子のみの配信です。

本編はこちら↓




「山田と少年」著者:三田織

社会人でノンケの山田さんと、高校生で同性を好きになってしまうことに悩む千尋が出会って、少しずつ少しずつふたりの距離が近づいていくセンシティブなストーリーに引き込まれます。

山田さんの意外に?男前なところや、千尋のいい子過ぎるところにも惹かれます。




7 3月

「俺に惚れたらたべてやる」毬田ユズ

つらつらと好きなBLコミックについて語るブログです。
内容によってはネタバレを含みますのでご注意ください。


毬田ユズ先生の「俺に惚れたらたべてやる」です。


「俺に惚れたらたべてやる」著者:毬田ユズ


一人で食堂を営む店主「三嶋」と、ある日ふらっと店に来て常連になった「のら」のお話。

シリアス度 ★★☆☆
H度 ★★☆☆

ーーネタバレありますよーー

「のら」というのは、三嶋がつけたあだ名。
最初に店に来た時にぼろぼろの野良猫みたいに見えたので、勝手に心の中で「のら」と呼んでいたがしばらくしてまた「のら」が店に来た時に思わずそう呼んでしまったためそれが定着してしまう。

でものらは本名を明かすこともなく、自分のことを一切話さない。
自分のことは知られたくないけど、ごはんがおいしくて安心できる場所は求めてるところにトラウマや何か事情を抱えてるんだなと。

のらは養護施設で育ったこと、里親に対してゲイであることを申し訳ないと思ったこと、一緒に養護施設で育ってきた男女の友達から結婚すると告げられて家族のような気持ちでいたのに疎外感を感じてしまったこと。

なにもかもに疲れてしまった時に、三嶋の定食屋が目の前にあり煮物の文字を見てなんでもいいから満たされたいと店に入ったのが、ふたりの出会い。

自分を満たしてくれて居場所ができて、同じゲイだとわかり、ずっとひとりぼっちだと思っていたのらが、いろいろ気にかけてくれる三嶋を好きになるのは自然の流れ。

でも三嶋はかつてセフレ三股から修羅場になったりと、今は一人で店を切り盛りしてちゃんとしてるように見えて時々昔の悪い癖が出る。

三嶋の誠実じゃない部分も知ってセフレになってもそれ以上三嶋に踏み込み過ぎないように自制するのらと、のらに今まで持ったことのない感情を持ち始めているのに、のらが自分のことを好きなことに気付いて距離を置き始める三嶋。
ふたりとも逆方向に進んでるよ。

でもある事件がきっかけになり、お互い素直に気持ちを伝えることができました。
よかった。

のらと三嶋がお互いにちゃんと向き合うまでが丁寧に描かれているので、ちゃんと付き合い始めるところでハッピーエンドなのですが、三嶋はいろいろやらしいわ、ノラはいろいろかわいいわで、この二人の後日談がもっと見たいなーと思わずにはいられません。

電子書籍は電子限定1ページまんががついてます。
のらの職業は警備員。制服いいよね。







ギャラリー