mio7k

BLマンガ読書日記ときどき脱線

日々の癒しにたしなんでいるBLコミックの感想や紹介をしていきます。たまにハーレクインとか、脱線する時も。

BL「あ」行

10 5月

「まずは美味しいご飯を食べよう」うたみつほ

つらつらと好きなBLコミックについて語るブログです。
内容によってはネタバレを含みますのでご注意ください。

GW中もほぼ仕事でしたが、世間は遊びモードで電子書籍サイトもキャンペーンや割引クーポンなどいろいろ出てたので、ちょこちょこ買ってました。

いつもは基本ひとつのサイトに決めているのですが、他にも3つ登録しているサイトがあります。
こういう大型連休の時などはサイトごとにおすすめが違ったり、普段あまり使っていないサイトでめちゃくちゃいいクーポンが貰えたりするので、あっちこっちで購入して読み返したい時に探すはめになります。

今回もいくつか気になる作品や絶対買うと決めている作品をフォローしておいたものを、キャンペーンやクーポンに合わせてふたつのサイトで買いました。
買う時に決めているルールは、シリーズものは同じサイトで買うということ。
これを電子書籍ビギナーの時に別々のサイトでやってしまって、最初から読み返す時に続きどこだっけ?買ってたよね?と毎度探しているからです。

前置きが長くなりました。
今回は、こちら。


「まずは美味しいご飯を食べよう」著者:うたみつほ

これ、表紙に帯がついているんですよね。
電子書籍で帯ついていることがほぼない(自分が買った中では)ので、うれしい。
めくるとちゃんと帯なしの表紙も見れます。

帯がついていると表紙の人が箸でトンカツをつかんでる絵にしか見えませんが、帯なしで見ると左手を添えているのがわかるので、照れて目を反らしながら相手に食べさせようとしている絵に見えます。
帯楽しい。

自炊し真面目に生活しているサラリーマンの葉山。
ちゃんとしているようで、過去のトラウマから人に触れられるのが苦手で一人で生きていけるように家事を身に付けひっそりと生きてる。

あけっぴろげで遠慮がなく素直な学生の春。
でもゲイだから諦めた恋もあるし、バレないように誤魔化して笑いながらそんな自分が嫌で自分の気持ちをちゃんと伝えられるように変わりたいと思ってる。

そんなふたりが偶然知り合ったことから春にご飯を作ってあげるようになって、少しずつ少しずつ距離を縮めていくお話です。

ふたりの心の動きがしっかり読ませてくれます。
春が葉山を好きになる過程とゲイじゃない葉山が春を好きになっていく過程は全然別で、交差したり離れたりすんなりとはいかないけど、いつしかそれが一本の道に繋がっていく。

葉山はトラウマがある分だけ悩むし決断に時間がかかるけどそれだけ真剣だし、春も悩んだり怖くなったりそれでもそばにいたいと頑張る姿がかっこいいです。

あとタイトルに偽りなく、ご飯がとっても美味しそう。




19 2月

「JOY」絵津鼓

つらつらと好きなBLコミックについて語るブログです。
内容によってはネタバレを含みますのでご注意ください。

絵津鼓先生の最新刊「JOY」です。



JOY (Honey Milk Comics)
絵津鼓
講談社
2018-01-15




シリアス度 ★☆☆
H度    ★☆☆

<あらすじ>
少女漫画家の岡崎豪は、女の子にキュンとしてもらえる漫画を目指して日々邁進中。
アシスタントでもあり漫画家の阿久根勇亮と切磋琢磨している。
ある日、阿久根がゲイだと知り驚く豪に、初BL作品のオファーが。
作品作りのため、「阿久根が好き」という設定で過ごす豪は、だんだん本当に阿久根が気になるようになり・・・・・・?

絵津鼓先生の既刊の中では、一番テンポが速くノリがいい作品になってます。
主人公や相手のちょっぴり寂しい過去話も出てきますし、静かに語り合うような場面もありますが、全体的に明るめのお話です。


<登場人物>
岡崎豪:天然で明るく繊細な心を持つ売れっ子少女漫画家

阿久根勇亮:見た目も性格も男らしいがかわいいものが好きな4コマ漫画家
ほかには、阿久根くんのセフレの響(男性)、豪くんの幼馴染の智文(女性)、豪くんの担当のるりちゃんが出てきます。

主役の二人はお互いを豪くん、阿久根くんと呼び合うのですが、豪くんは見た目がかわいいので阿久根くんを「くん」呼びするのに違和感がないのですが、阿久根くんは見た目が男らしいのに豪くんを「くん」呼びするところがかわいくてツボでした。

初っ端、豪くんが阿久根くんのアパートに突然飛び込んで、阿久根くんと響が一緒の布団に裸で就寝しているところを見てしまったところから、阿久根くんが実はゲイだったということを豪くんが知るところから始まります。

阿久根くんがゲイということを知った後に、担当のるりちゃんから「BLマンガ描きませんか?」と提案されるのですが、BLのストーリーをどう組み立てたらいいか迷っているところに「そうか。片思いのつもりになればいいんだ!」と阿久根くんへの疑似片思いを思いつきます。

そうなってからは阿久根くんの生着替えをじろじろ見たり、お泊りで同じ布団で寝たりと積極的に。
阿久根くんの方はまさか豪くんがそんなことを考えてるとは思わないので、すべてをクールにスルー。
そんなわちゃわちゃしたやり取りも楽しい二人です。

響が豪くんのことを牽制してきますが、阿久根くんが響と付き合っていると思い込んでいる豪くんは阿久根くんに「ふたりのことを邪魔しない」と響に伝えて、と言います。
さらに「僕は誰のことも好きになれないから安心して」とも。

それは誰にも好きになってもらえないの裏返しで、そんな自分の弱音を阿久根くんに聞いてもらったことで阿久根くんを意識し始めます。
阿久根くんに好きになってもらう人が羨ましいと思い始める豪くんは、阿久根くんに「僕も阿久根くんと響くんにみたいな関係になれないかな」と言うものの、「やめとけ、男だから」と言われ、響はよくても自分はだめなんだと思ってしまう。

さらに響に自分のこと仕事のことを非難されて、さらに傷ついて・・・

ここから一気にシリアス展開かと思いきや、豪くんを追って家まで行った阿久根くんがドアを開けると上半身裸でベッドにいる豪くんがいてふたりであわてるシーンとか、真面目な話で静かになった時に阿久根くんに「筋トレするか」と言われ、キラキラする豪くんとか。

ここだけじゃなく、とにかく全体に渡って豪くんの表情豊かなところがかわいい。
対して阿久根くんはわりと無表情っぽいのですが、阿久根くんはモノローグがない表情だけのシーンも多く、豪くんの言ったことや行動に何か考えているような表情がよく出てきます。
全部読み終わってからまた振り返ってそこを補完しながら読むと、クールな阿久根くんも豪くんに好意がありながら抑えてる部分もあったんだなーと気付きがあったりします。

響とも和解し、彼らしく応援してくれるのですが、実は響にも本命がいるとか。幼馴染でそろそろ彼女と別れそうとか。響のことも気になって、続きを書いてほしいと思っている人も多いのではないでしょうか。

巻末の番外編は、阿久根くんの草野球に連れてきてもらった話。

さらに、カバー下には新幹線でどこかに出掛けるふたりの様子。
こちらはさらに別で配信される番外編のプロローグになってます。

今回は、特典のリーフレット目当てでコミコミスタジオさんで予約購入しましたが、こちらは阿久根くんの弟の写真で盛り上がる話。

そして、応援書店ペーパーは、二人の攻め受けが逆転なんてあるの?的な。

盛りだくさんでとっても楽しめました。

すでに電子書籍でも配信されてます。




ギャラリー
Amazonライブリンク