重い実さんは、もともとピクシブに投稿されているのを読んでハマって、
作家買いしている作家さんのひとりです。

今回は新刊の「放課後のYくん」です。



「放課後のYくん【特典ペーパー付】」著者:重い実

 
表紙やタイトルがちょっとアレっぽいですが、エッチなことしてるシーンも多いですが、それに反してなのか相まってなのか、相手のことを強く思う気持ちや真剣さがしっかり描かれているところに惹かれます。

表紙の子は横井くんで、相手が吉岡くん。ふたりともがYくんです。

理系男子校の同級生である二人は、しょっちゅう吉岡の家で放課後に勉強していて、ある日勉強のし過ぎから「唇の柔らかさは男女で変わらない」という理系的発想から、なぜかキスしてしまうんですよね。

そこからどんどんエスカレートしていくんだけど、吉岡は自分達も横井に教えてもらいたいと言う同級生を牽制したり、横井も吉岡の行動に意味を探したり、勉強のし過ぎなんだと言い訳しながらも深みにはまっていくのを留められない。でもお互いに気付いていないから、変に理由づけしたり、はぐらかしたり必死!

そこの感情表現の描き方がすごく好きです。

駆け引きとか、打算とか、考えたこともない、そんな余裕もない、真っ直ぐに想いを伝える若さ。

その若さで突き進みながら、いずれ大人になって自分しか知らない魅力を周りが気付いたら・・・と不安にもなる不安定な時期だからこその(こいつの魅力にずっと誰も気づかないでいろ!)と強く思ってしまう若さ。

そんな高校生の必死な恋愛が描かれた作品です。

おまけページは、吉岡について的な1Pまんがでした。必死すぎる吉岡!理解ある同級生たち?でよかったね。