「十二支色恋草紙」は干支をテーマにした現代ファンタジーです。

神様や動物ものは結構あるけど、干支は面白い題材だなと思いました。

全3巻で十二支それぞれが1話ずつあります。



「十二支色恋草紙」著者:待緒イサミ


神使のお休み処の宮司を務める正隆はひと月ごとに順番に干支の憑代になるという性質で、その時起こるトラブルに干支の性質が絡んで、憑代になっている正隆が干支の性質に引っ張られてそれに恋人の胡太郎が振り回されるという、話も進みながら毎話違う展開を見せてくれるところも面白いです。

胡太郎は猫を祀る神社の息子で、お社が雷で焼けてしまったため、再建できるまで自分と社の御祭神である猫のコマを受け入れてくれる場所として正隆のいるお休み処を訪ねるところから始まります。

そこから、なぜ胡太郎がここを訪ねてきたのか、正隆がなぜお休み処の宮司になったのか、などのストーリー展開をうまく取り混ぜながら、話が進んでいきます。

十二支といえば、ねずみが猫をだましたため猫は十二支に選ばれず、ねずみは牛に乗って最後にそこから降り一着でゴールしたことで十二支の順番が決まったといわれていますよね。

それはこの「十二支色恋草紙」でも取り上げられ、猫を恐れ自分を卑下するねずみと、ねずみを許せない猫という対立から、ねずみ憑きの正隆と猫憑きの胡太郎の恋をからめて描かれてました。

ねずみと猫は歩み寄り、正隆と胡太郎の関係も一歩進んでめでたしめでたし。

わたしがねずみ年生まれなので、ねずみの回を取り上げてみましたが、どの干支の話もストーリー展開がしっかりしていて面白いです。

絵もすごくきれいで、十二支の動物姿がすごくかわいい&かっこいいし、人型バージョンもかわいい&かっこいい!

絵がきれいで話が面白くて1話1話しっかり描かれているので、読みがいがあります。

これは3巻で完結しているのですが、続編もでていて正隆と胡太郎のいちゃラブと神使たちの姿がまた見れるのは嬉しい。


十二支色恋草子~蜜月の章~(1)【電子限定おまけ付き】著者:待緒イサミ

ますます仲良しの正隆と胡太郎に、十二支も揃い踏み、さらに新しい神獣たちも登場でなかなかの大所帯になってきてますね。