秋平しろ先生の新作「トワイライト・アンダーグラウンド」と「トワイライト・アンダーグラウンド+」は、2冊同時刊行みたいですね。

表紙は日常の一コマが散りばめられていて、ポップなテイストでかわいい。

2冊とも電子書籍で買っちゃったけど、紙の本で1シーン1シーンをじっくり細かく見たかったなと後から思いました。


「トワイライト・アンダーグラウンド」著者:秋平しろ




「トワイライト・アンダーグラウンド+」著者:秋平しろ

表紙ではとても仲良さそうな、ライブハウスの店長北山と、大学生バイトの古川。

でも最初は古川は北山に嫌われてるんじゃないかというぐらい愛想悪くされてて、周りも仲悪いのを認めるくらい。

でも、偶然北山がゲイということを知ってしまって、自分に冷たいのは好意の裏返しなんじゃないかと思った古川が北山に懐き始め、北山も態度を軟化してくるからもっともっと知りたいと古川が北山の懐に入り込もうとしすぎちゃうんですよね。

北山からしたらゲイってことを知られているわけだから、からかわれているのかもしれないと疑ってもしょうがない。

古川は人当たりが良く見た目も好かれる雰囲気で、人から嫌われるってことがなかったから北山のことが気になってしまったわけだけど、何の悪意もなくノンケにぐいぐい来られたら、そりゃ警戒するわっていう。

でも北山はそういう古川の明るく翳りのないところを好きになってしまったのかな。

北山を傷つけ嫌われてしまったと落ち込む古川と、どんどん様子がおかしくなっていく古川にどうしたらいいのか悩む北山。

北山の元カレの出現で古川が本当の気持ちに気付くきっかけになったけど、お互いに好きってことがわかってめでたしめでたしじゃないんですよね。

北山がめっちゃ慎重で臆病で、周りを頼ったり相談したりが苦手で、なんでも一人で抱え込んじゃうから、古川に対しても踏み込めずにネガティブな思考に陥ってしまってる。

幸せラブラブかと思いきや、なかなか一線を踏み込んでこない北山に不安を感じ始める古川のすれ違いが、お互いの家庭環境の違いなども浮き彫りになって、別れ話に・・・。

でも恋愛はひとりでするんじゃなく、ふたりでするんだから、一方が一方の気持ちや未来を決めつけちゃだめですよね。

ふたりの未来はまだまだこれから。

いつかまたふたりの未来の様子が1シーンでも見れたらいいな。