mio7k

BLマンガ読書日記ときどき脱線

日々の癒しにたしなんでいるBLコミックの感想や紹介をしていきます。たまにハーレクインとか、脱線する時も。

11 7月

「かえるの★プリンスさま」ぱんこ

最近、番外編が電子配信されたことで、読み直した「かえるの★プリンスさま」です。

声がコンプレックスで積極的になれない青野と、イケメンで仕事もできる後輩の香坂のラブコメディです。


かえるの★プリンスさま【電子配信限定描き下ろし短編付き】著者:ぱんこ

とにかく青野がネガティブで、人前に出ない部署から営業に異動になったことから余計に萎縮しちゃって何やってもうまくできないってところに、青野が別部署にいたころから一生懸命なところとかに惹かれて青野に思いを寄せる香坂 がぐいぐいくるんだけど、その押しに押されて転んだりぶつけたりで満身創痍。

しかも香坂が告白してもそんなことあり得ないと思い込んでいるので、からかってるとしか思えないとか。

一生懸命青野を追っかける香坂も自分の気持ち全否定で落ち込み・・・でも出来る男はこんなことで諦めないのです。

自分に徹底的に自信がない青野だけど香坂といる内に少しずつ前向きになれて、いつの間にか公私ともに充実したサラリーマン生活になれてめでたし。

気楽に読めるどたばたラブコメなんだけど、結構好きで定期的に読み返してます。



「かえるの★プリンスさま 番外編 プリンスさまの杞憂」著者:ぱんこ

そして番外編では恋人になった青野と香坂の日常や、青野にスキンシップが激しい同僚の柳に香坂が嫉妬するお話。

かえるの青野はずいぶん精神的に成長したのに、プリンス香坂はどんどん心が狭くなってる?

青野がどんどんかわいくなっちゃうから香坂は心配なんですよね。

あんまりイケメンすぎるより、ちょっと残念なところがある方が人としての魅力はあるということでよしとしましょう。




10 7月

「十二支色恋草紙」待緒イサミ

「十二支色恋草紙」は干支をテーマにした現代ファンタジーです。

神様や動物ものは結構あるけど、干支は面白い題材だなと思いました。

全3巻で十二支それぞれが1話ずつあります。



「十二支色恋草紙」著者:待緒イサミ


神使のお休み処の宮司を務める正隆はひと月ごとに順番に干支の憑代になるという性質で、その時起こるトラブルに干支の性質が絡んで、憑代になっている正隆が干支の性質に引っ張られてそれに恋人の胡太郎が振り回されるという、話も進みながら毎話違う展開を見せてくれるところも面白いです。

胡太郎は猫を祀る神社の息子で、お社が雷で焼けてしまったため、再建できるまで自分と社の御祭神である猫のコマを受け入れてくれる場所として正隆のいるお休み処を訪ねるところから始まります。

そこから、なぜ胡太郎がここを訪ねてきたのか、正隆がなぜお休み処の宮司になったのか、などのストーリー展開をうまく取り混ぜながら、話が進んでいきます。

十二支といえば、ねずみが猫をだましたため猫は十二支に選ばれず、ねずみは牛に乗って最後にそこから降り一着でゴールしたことで十二支の順番が決まったといわれていますよね。

それはこの「十二支色恋草紙」でも取り上げられ、猫を恐れ自分を卑下するねずみと、ねずみを許せない猫という対立から、ねずみ憑きの正隆と猫憑きの胡太郎の恋をからめて描かれてました。

ねずみと猫は歩み寄り、正隆と胡太郎の関係も一歩進んでめでたしめでたし。

わたしがねずみ年生まれなので、ねずみの回を取り上げてみましたが、どの干支の話もストーリー展開がしっかりしていて面白いです。

絵もすごくきれいで、十二支の動物姿がすごくかわいい&かっこいいし、人型バージョンもかわいい&かっこいい!

絵がきれいで話が面白くて1話1話しっかり描かれているので、読みがいがあります。

これは3巻で完結しているのですが、続編もでていて正隆と胡太郎のいちゃラブと神使たちの姿がまた見れるのは嬉しい。


十二支色恋草子~蜜月の章~(1)【電子限定おまけ付き】著者:待緒イサミ

ますます仲良しの正隆と胡太郎に、十二支も揃い踏み、さらに新しい神獣たちも登場でなかなかの大所帯になってきてますね。


 
9 7月

TVアニメ「BANANA FISH」の第一話見ました

「BANANA FISH」のTVアニメがいよいよスタートしましたね。

アニメ化決定の情報が解禁されてから、ずーっと注目してました。

なんせリアルタイムで原作を読んでいて、いまだに自分の中で最高傑作のまんがのひとつですから。

ファンの方たちの中で期待と不安が入り混じる中、わたしも同じで見るか見ないかもずっと迷ってました。

結末を知っていて、それが変わることがないこともわかっていて、なお見届けることができるのかという気持ちと、原作が素晴らしかったのでアニメでがっかりしたら嫌だなという気持ちがあったので、とりあえず録画してリアルタイムでは見ませんでした。

でも、twitterでフォローしてる人たちの感想がおおむね良かったので、意を決して見てみました!

場面転換とか音楽とか、とてもかっこよく作ってあったし、絵柄もまあきれいだったのですんなりと受け入れられました。

一番原作通りだなと思ったのはゴルツィネ。声もぴったり。マービンは思ったより声が高くいやらしさがなかったなー。オーサーもしっかりヤなヤツでした。

そしてアッシュと英二。特に違和感なかったので良かったです。

原作とは時代設定も違いますが、その辺の違和感はあまり考えずに見たいと思います。深く時代考証や設定を考えず、ただアッシュと英二の行く末を見届けたい。

この先を知っているけど、また改めてふたりが駆け抜ける時代を見届けよう、となぜか壮大な決意がうまれた第一話でした。

原作を知らずにアニメを見始めた人がいたなら、ぜひそのまま原作未読のまま最後まで見てほしいなと思いました。

今を生きるアッシュと英二の生き様を同じ時の中で感じて欲しいなと。

私も一話一話その時間を一緒に生きている気持ちで見届けたいです。






ギャラリー
Amazonライブリンク